常滑の本町通りの出会い橋から眺めると川の向こうに多面体の家がある。

1階と2階の壁面が同じではなく5角形のように作られている。

本町通は車1台が通れるくらいの通りではあるが、かつては常滑町一番の繁華街であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロマンチックな名前の【出会い橋】 本町通にある

出会い橋の由来は、橋の東側と西側では商店街の組織が違い、それが出会う場所がこの橋であったこと

夕日がきれいな場所

 

 

 

本町通りには、いくつかの路地がある
ここはその一つ【かぎかぎ路地】 カギのように路地であり、その奥がまたカギになっていて最後は行き止まりの袋小路

 

 

 

 

 

 

これも路地 都会の人からは魅力的に映る  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

路地の奥には、井戸がところどころにある
家の井戸というより、かつてはご近所の共同のものであった。