世間遺産は常滑から始まった…

ツタのからまる緑の煙突    .

 常滑は世間遺産発展の地
世間遺産は、世界遺産の熊野古道がきっかけとなり、常滑で世間遺産が広がっていった発展の地でもあります。
今では全国で世間遺産が発掘されはじめ、日本国としては文化庁が日本遺産を推奨しはじめ、他にも産業遺産・農業遺産などいろいろな遺産に名称がつけられるようになりましたが、常滑は世間遺産発祥当時から遺産を発掘する運動が起きていました。
そして、この常滑では数々の世間遺産が発掘され続けています。常滑は世間遺産の発展の地でもありその宝庫でもあります。ここでは、この地常滑の世間遺産を紹介します。
==========================================
【世間遺産とは…】
いつもと変わらない道、いつもと変わらない町並み。いつまでも変わらないと思っていた景色や建物、古い看板や壁のシミ。この日常の何気ない「宝物」は、そのままではいつの間にか消えてなくなってしまうかもしれない。けれど、後世になると思わぬ価値を発するものがそこにある…
 思わず人に伝えたくなる 人、もの、風景
 後世まで残したいと思う 人、もの、風景
 子供達に残しておきたい 人、もの、風景
それらは後世になると本当の「意味や価値」を持つようになるかもしれない。
===============================================================

常滑の世間遺産の数々

   いわゆる名所旧跡・有名ではないが、思わず人に話してみたくなる、後世に残しておきたい「人・もの・風景」
焼き物の街には煙突がつきもの。その中でもさらにレアで貴重なものは、緑の煙突。
つたにからまれて美しい街の景色を見守っている。
焼物の町常滑では、そこらじゅうに見かける土留め土管壁。
セントレアの空港を使う大勢の外国人が珍しがって、カメラに記録をしていく。
狭く入組んだ細道が続く迷い道。古い焼物町、常滑の約2平方kmに立ち並ぶ時空を超えた街並と窯跡。半世紀前に戻ったような感覚を覚える焼物散歩道。
大正に作られた陸の橋。橋を作った後でその下を掘って完成した日本でも珍しい謎の橋。
橋の下には照明の穴が…いったいどうやって替えていたのか?
焼物は茶色だが、各所で白いパイプや甕容器の焼物を見かける。これはなんと戦争末期のロケット燃料容器!日本発のロケット戦闘機[秋水]の燃料のために作られた。 ロケットパイプ
本町大落川の片隅で川面に映りながら佇む多面体の家。2階五角1階五角、それぞれが位置が分かれて創られており、全部で13面画の壁で創られている不思議な家。